トップページ>海外WiFiをレンタルする前に知っておくべき基礎知識

海外WiFiレンタルのメリットとデメリットは?

海外WiFiレンタルのメリットとデメリットをまとめてみました。
グローバルWiFi

海外WiFiレンタルのメリット

定額制なので安心。

・料金は、携帯会社の海外パケ放題など海外パケット定額よりも安いです。

移動中もネットができるので、レストランや観光スポットまで地図アプリやガイドブックアプリが利用できます。

・到着後すぐに利用できます。

・利用できる国が多い。

・WiFiルーターなので、同時に複数の機器を接続できるので、同行者がいる場合は、通信費用が節約できる。たとえば、同時にノートパソコンやスマートフォン, iPadなども接続可能。ただ、通信料の制限があるので、心配な方は、グローバルWiFiの大容量プランがおすすめ。

・接続が安定している。回線は3Gまたは4Gになります。海外でも4Gが増えています。ただ、国により接続が不安定な場合もあります。

・レンタル機器は、空港での引き渡しまたは自宅や会社まで送ってくれます。

接続方法が簡単。(パスワードを入力するだけ)

海外WiFiレンタルのデメリット

・料金は、出発日から帰国日まで課金されるので、使用していなくても費用がかかる。

・補償パックと受取と返却手数料を別途支払う必要がある。破損や紛失した場合の弁償代は高額なので補償パックは入っておきましょう。

・周遊プランでも訪問国数のルーターをもっていかなければならない場合がある。

・レンタルする機器のバッテリー駆動時間に注意。たとえば、ルーターにより4時間ほどしかもたない。(充電器、予備バッテリーもレンタル可能)。利用するときだけ電源を入れれば、バッテリーが長持ちしますよ。

・国内でも同じですが、通信の公平性を保つために使いすぎると利用を制限される場合がある。スマートフォン、ノートパソコンなど同時に接続ができるメリットがありますが、動画やオンラインゲームの利用はなるべく避けたほうがよいでしょう。

デメリットはありますが、他のローミングサービスや海外パケ放題サービスよりも出発前にWiFiルーターをレンタルしたほうが料金面でお得ですね。ルーターレンタルを利用したいという方は、申し込み前にどのくらいの費用がかかるのがご確認されることをおすすめします。

海外WiFiレンタルを利用する場合の注意点

海外WiFiレンタルを利用する場合の注意点をまとめています。
イモトのWiFi
海外用WiFiルーターは、短期間で使いすぎると利用制限がかかることがあります。たとえば、グローバルデータの場合は、当日を含む直近3日間のパケット通信量が400MB以上を超えると利用中断または遮断される場合があります。そのほかのレンタル業者もほぼ同じように書かれています。

ご参考までグローバルWiFiのページに掲載の各100MBの目安データ量は以下をご確認ください。普通に使う分なら十分ですね。

・文字のみのメール(300文字) 約200通
・画像(500KB)添付メール 約200通
・スカイプ音声通話 約50分
・スカイプビデオ  約20分
・ホームページB閲覧 約400ページ分
・Googleトップページを表示・・・約0.02MB
・Yahoo!トップページを表示・・・約0.2MB


動画やオンラインゲームなどの利用は控えて、メールを利用していれば、特に制限をかかることは少ないですが、一時的に制限をかけられて利用できなくなっても料金は請求されますので少し注意が必要ですね。

最近では、グローバルWiFiとクローバルデータ(イモトのWiFi)で、大容量プラン(1日:500MB )を提供している海外WiFiレンタル業者もあります。

私の場合は、レンタルしたルーターは移動中しか使わないのと、メールや地図アプリくらいしか使わないので影響はありません。私の使用例をまとめると

・現地法人がある場合、事務所や工場内は社内のネットワーク経由を利用しています。出先や移動中に必要ならレンタルしたWiFiルーターを利用。

・自分でホテルを手配できるなら有料または無料でWiFiができるところを予約する。

・レンタルしたルーターを使うのは、電車移動や空港、外で食事の時など空き時間に使用する。また、訪問先へ行くときにGoogleなどマップアプリを使う。

・海外WiFiルーターの盗難に遭った場合は、レンタル業者に連絡し回線を停止してもらいます。そして、現地の警察で必ず盗難証明書を発行してもらいましょう。証明書がないと、業者により補償プランに入っていても50%の弁償代を請求されます。各レンタル業者の規約及び海外旅行保険の携行品補償などの内容を確認し、レンタル機器も保険利用の対象になるかも確認しておきましょう。

モバイルWiFiルーターは利用制限もあり、4時間ほど(もっと短いかも)しかもちませんので、移動中のみ使う、動画やオンラインゲームはルーター経由の使用を避けるなど使い分けが必要ですね。

あと、レンタルとなりますのでキャンセル料金と延滞料金についても申込みされる業者の条件を確認しておきましょう。

特に商売で海外出張へ行かれる方は、急なスケジュール変更もありえますし、フライトの欠航で帰国日が遅れるなどのトラブルがある可能性があります。その場合はすぐに業者に連絡をしましょう。
トップページ>海外WiFiをレンタルする前に知っておくべき基礎知識

ページの先頭へ