トップページ>海外WiFiレンタルの口コミ>jetfi(ジェットファイ)の海外WiFiレンタルの口コミレビュー(ヨーロッパ編)

jetfi(ジェットファイ)の口コミレビュー

スイスとフランス出張のときに、はじめてjetfi(ジェットファイ)の海外WiFiレンタルを利用してみました。

WiFiレンタルを申し込んだ時の料金は以下になります。

300MBグローバル(世界周遊)プラン:350円×6日=2,100円(不課税)
安心パックフル:300円×6日=1,800円(課税)
返却パック:650円×1=650円(課税)
金額合計(税抜き):4,550円
消費税:196円
合計(税込み):4,746円
*上記の価格は、2017年10月21日現在の価格です。最新価格は、海外WiFiレンタル料金比較表をご覧ください。

さて、今回利用したjetfi海外WiFiレンタルの受取は、成田空港のQLライナーカウンター、返却は郵送で申し込みました。

成田空港のQLライナー(スーツケース宅配便)のカウンター
出発当日に成田空港のQLライナー(スーツケース宅配便)のカウンターでjetfi(ジェットファイ)のWiFiレンタル機器を受け取りました。

jetfi(ジェットファイ)のWiFiレンタルセット
レンタル機器の中身は、Wi-Fiルーター、USBケーブル、取説、返却用のレターパックの封筒。オプションでマルチ変換プラグもレンタル可能です。

jetfi(ジェットファイ)のWiFi端末は、SIMカード交換不要でモバイル機器の充電器が内蔵されています。

jetfi(ジェットファイ)のWiFi端末の使い方は、スイッチを2秒ほど押せばで1分ほどで起動します。本体の画面上にSSIDと接続するためのパスワード、使用したデータ量が表示されます。スマホなどを接続するときは、画面に表示されているパスワードを入力すれば接続完了です。

jetfi(ジェットファイ)のWiFi端末jetfi(ジェットファイ)のWiFi画面
機内モードにしたまま、Wi-Fiのみオンにして、jetfi...を選択した後に本体画面に表示されているパスワードを入力すれば接続できます。

jetfi(ジェットファイ)のWiFi端末は、同時に5台まで接続できますので友人などとシェアーできます。他の国へ移動した後も設定不要で自動的にその国のキャリア(携帯電話会社)に接続されるので、機器設定が苦手な方にも簡単に使えるのでおすすめです。

ちなみに電源をつけっぱなしにしておくと本体は少し熱くなりますので、利用するときだけスイッチを入れる方法がおすすめです。充電器のみ使う場合は、スイッチを入れる必要もなく、USBケーブルを本体に挿すだけで充電されます。

ライン川
海外でWi-Fiが利用できると、海外の風景や食べ物の写真などをTwitter, Facebook, インスタなどに投稿もできます。写真は、バーゼルのライン川。

シカ肉
料理の写真もSNSに投稿できます。ちなみに写真はシカ肉。

今回は、電車での移動が多かったので、電車で移動中にメールの送受信やLineなどを利用。通信速度は、都市部は速度が遅いなど不満もなく利用できますが、ホテルのWi-Fiが利用できないところもありましたので、その時もjetfi(ジェットファイ)でレンタルしたWiFi経由でデータ通信をしていました。通信手段を確保する方法としてWiFiレンタルは、おすすめです。

jetfi(ジェットファイ)の公式サイト

海外WiFiレンタル口コミ関連記事一覧
グローバルWiFiを中国で使ってみた
テレコムスクエア(Wi-Ho)を中国で使ってみた
グローバルWiFiをタイ・ベトナムで使ってみた
グローバルデータ(イモトのWiFi)をマレーシアで使ってみた
エクスモバイルを中国で使ってみた
グローバルWiFiをベトナムで使ってみた

jetfi(ジェットファイ)の海外WiFiレンタルの口コミレビュー(ヨーロッパ編)
 はてなブックマークに追加
トップページ>海外WiFiレンタルの口コミ>jetfi(ジェットファイ)の海外WiFiレンタルの口コミレビュー(ヨーロッパ編)

ページの先頭へ